• ホーム
  • 株初心者がやりがちなミスについて

株初心者がやりがちなミスについて

グラフ

株初心者というのは想定されるミスを一通りしてしまいやすいものなので、十分に注意をしてから取引を始めるようにしましょう。
初心者にありがちなこととして、損切りが遅く大きな損失を出してしまう、損切りが重要だと損切りを徹底した結果損切りが続き結果的に損失が大きくなってしまう、再度損切りをせずに大きな損失を出すというパターンが多くあります。

まず、最初の頃というのは適切な損切りのポイントもつかめないので、保有をした銘柄が大きく下落するようなことがあった時に、それを損切りすることが出来ず大きな損失を出してしまうケースが多くあります。
そして、その経験から損切りの重要性を学ぶのですが、今度は損切りをしすぎていわゆる損切り貧乏となってしまうパターンが多いのです。
損切りが全く出来ないよりは、損切り貧乏のほうが一度に大きな損失が出ない分だけ良いのですが、損切りをした後に値が戻ってくるような状況が続くとやはり損切りはしないほうが良いという結論に達します。

そして、再度損切りをしないという考えに戻るのですが、多くの場合買値以上に戻ってくるので一見するとこれが成功だと思ってしまいがちです。
これが大きな落とし穴であり損切りをしないということは勝率自体は高いものの株価が戻ってこなかった時の損失というのは非常に大きなものとなってしまいます。
そのため、ある程度経験を積んだあとにこのような取引をしていると、一度マイナスが出るような自体になった時に取り返しの付かないぐらいの大きな損失を出してしまうことになるのです。
このような一連の流れは、初心者がやってしまいがちなミスであるため十分に注意を損をしても構わない金額から、投資を始めてみましょう。

アーカイブ
人気記事一覧
最近の投稿